バドミントンクリニック

正しい構え知ってますか?

バドミントンはゆっくりなショットやとても速いショットと様々なシャトルが飛んできます。
遅いショットにはどんな構え方でも対応できますが、大切なのは速いショットに対応できるかどうかなんです。
構え方によっては速いシャトルに遅れたり、ミスが出てしまう原因になります。

正しい構え方 
ラケットの位置は基本的には身体の中心です、胸の前が一番いいですね、何故なら腕の付け根だから!
ディフェンスする時は腕の位置は変えないで身体を少し前傾姿勢にすることで床に近いところになります。
胸の前は変わりません。構え方一つでミスが少なくなります。
構え方が間違っていないか写メや動画で送って見てください。

2020年03月31日

知ってますか?

バドミントンの技術や指導に於いて10人いたら10通りの理論が存在しています。
それはその人が歩んできた様々な経験から作り上げられたものであるからすべてが正解なんです。
何故ならどんな打ち方をしてもシャトルは飛ばせるしその人しか出来ないテクニックもあるからです。
どれも正解ですから沢山の理論や考え方があっていいんです、どの理論や技術が勝るのかを競い合うのがスポーツだからです。
だからどの考え方理論、技術に出会うかその出会いでプレースタイルは変わってきますね。
例えばですがウエスタンのグリップで打ってもいいんです、そのグリップから素晴らしいショットが生まれたらそれはそれで正解だし自分に一番合うしっくりきたらいいんですがウエスタンではなかなか打ちづらいショットが出てくるから私は推奨しません。
だから、このページを通じてお知らせしていくことはあくまでイシバの個人的な考え方であり他と比較してるわけでもありませんのでご理解の程宜しくお願いします。

2020年01月31日

バドミントンお悩みクリニックとは!

ISHIBAバドミントンクリニック

現在バドミントンで悩んでおられる事を文章や動画で頂き、それに対して回答させて頂くサービスです。

1,クリニックを受けたい内容
技術的な事(振り方、動き方、構え方、ステップ、フットワーク、ローテーション、各種ショット、その他)
メンタル的な事(ゲームの時、基本的にな考え方、心構え、姿勢、覚悟、普段の心構え、その他)
その他バドミントンに関わる全ての事
1,対象者;バドミントン愛好者全て(但しお仕事としてコーチなどされている方はご遠慮下さい)
1,寄付金;料金については寄付金として回答に対していくらでも構いません。
1,ご相談はこちらのフォームから
1,動画はこちらからお願いします。(COACH ISHIBA JAPAN ビジネスライン)
1,手順 
;文章での場合はご相談フォームからお願いします。
;動画の場合もご相談フォームから文章にてお悩みを記入して頂き、動画は別でビジネスラインにてお願いします。
注;お悩みは1回に一つでお願いします。
;動画は2分以内でお願いします。
;回答にはお時間がかかる恐れがありますのでご了承下さい。

お問い合わせはこちらから

 

2020年03月31日